蝙蝠駆除は慎重な対応で傷つけないやり方を選ぶ

夏などの暑い日は、夕方から夜にかけて窓を全開にして過ごすという人もいるでしょう。網戸が設置してあればいいですが、場合によっては蝙蝠の進入を許してしまうことがあります。
部屋の中を飛び回るが出ていく気配がないとき、手軽にできる追い出し方法があります。蝙蝠は、鳥獣保護法で守られている動物でむやみに蝙蝠駆除は行えません。日ごろから蝙蝠の忌避剤を備えている家庭は少ないでしょうし、スプレーしたらますます暴れる可能性があって危険です。



あまり刺激するとふんや尿をする可能性もあります。


虫取り網などがあれば捕まえて外に放てば解決になります。


ホームセンターで忌避剤を購入してきて蝙蝠駆除に使うときには、使用方法を熟読して用いましょう。
上に向けて噴霧すると自分にかかってしまうことがあるので、角度や方向に注意が必要です。
マスクなどがあれば使ったほうが安全に使用できます。

ほうきやはたきなど、柄の長いもので優しく窓の方に誘導する方法も、時間がかかる可能性がありますが出て行ってくれる可能性がありますが、このとき直接体をたたいたり触ったりしないようにして追い払うようにします。どうしても自分でできない場合には、プロに頼むしかありません。夜でも急行してくれる蝙蝠駆除業者がいて、外に追い出しを行ってくれます。

T-SITE情報を簡単に請求できます。

電話で依頼するとき必ず費用の確認を行って、納得できる価格であれば頼むようにすべきです。



夜間だと日中よりも出張料や作業料金が高くなる傾向があります。