衛生面を考えて蝙蝠駆除は早めがおすすめ

屋根裏や倉庫などに棲みつかれた場合、早めに蝙蝠駆除が必要な理由をご存知でしょうか。
蝙蝠は、蚊や昆虫などを食べてくれる益獣ではありますが、糞や尿による被害を受ける可能性が高くなります。糞や尿を片づけずに放置すれば次第に腐敗して行き、異臭がするようになります。



雑菌の繁殖もしますし、乾燥して風に飛ばされるなどしてアレルギーの原因になってしまう可能性も少なくありません。体にノミやダニをつけていて、それが家の中に入って来たりペットについてしまうことも考えられます。

ダニは病気を媒介することがあるため、注意が必要です。

蝙蝠駆除といっても罠を仕掛けて捕獲したり、殺処分することはできません。


鳥獣保護法によって守られているとともに、絶滅危惧種や天然記念物に指定されている蝙蝠もいるためです。このため、住みついている場所から傷つけないように追い出し、舞い戻ってこないように進入口をふさぐ対策を行うしかないでしょう。



資格を有しており、許可を受けた専門業者であれば罠を仕掛けて捕獲することができますが、家庭で勝手に罠を設置して捕まえると罰金が科せられてしまう場合があるため、自分たちで蝙蝠駆除を行うなら忌避剤などスプレーをしてすべての蝙蝠を追い出すことがベストです。


住みついている個体が小さいサイズなら、ちょっとした隙間から出入りしてしまうので、進入口を塞ぐときは配慮が必要になります。
通風孔などで完全に密閉できない場所が出入り口のときには、目が細かい金網などで塞ぐと良いでしょう。